【悩み】会話が続かない・・・会話が弾む方法や対策を紹介

こんにちは、あっきーです!!

みなさんはこんな経験ないですか??

仕事の上司や先輩、あまり仲良くない友達と2人きりになった時「会話が弾まなく空気が重い・・・早く誰か来ないかな・・・とりあえずスマホいじっとくかw」

みたいな経験ありますよね??何とも言えないあの空気・・・気にならない人もいると思いますが、大抵の人は気になるはずです。僕は話すのが得意ではないので会話が弾まなく困ってます。喫煙所でよくそんな場面に直面します。そこで、今回は会話が弾む方法を僕なりに調べて紹介します。

会話が続かない人の特徴

JerzyGorecki / Pixabay

続かない人には特徴があります。どんな特徴があるのか見ていきましょう。

人見知り

最近では人見知りを「コミュ障」と呼んでるみたいです。コミュ障の人は、人と話すと緊張して思っていることをうまく伝えることができなく、それがトラウマとなり負の連鎖になることが多いようです。

緊張しすぎ

緊張すると口数が少なくなります。人間は嫌われたくない生き物なので、相手からの評価を下げたくないという気持ちがプレッシャーになり緊張につながります。

苦手意識が強すぎる

「自分は話すのが苦手だから」と端からあきらめてる。「はい」「うん」「そーですね」みたいな返答ばかりで会話がなりたたなく、自ら話しの話題は振らないので相手も話しをやめてしまいます。

無表情

会話をしても表情から感情が読み取れないため、相手が不信感を募らせます。会話以外にも相手の仕草だったり顔から情報を得るのでムッとしている人より、笑顔の人の方が伝わりやすいですし、話しやすいです。

自分の主張が強すぎる

自分の話しばかりで、相手の話を聞かない。一方通行になりがち。結果沈黙なる・・・・話しの基本は聞くことって教わりましたよね??w まさにその通りだと思います。自分の話しもいいけれど、相手の話しもしっかり聞きましょう。自分が逆の立場であれば嫌ですよね。

否定が多い

会話の中で「いや」「でも」が多い返答ばかりしていると、相手にいい印象を持ってもらえません。たまに使うのはいいと思いますが、使いすぎ注意です。普段から使っていると、癖になってしまいますので意識して話すようにしましょう。

眼を合わさない

いわいるアイコンタクトです。目を見て話さないと誰に話してるかわかないし、隠し事や自信がない時また、ウソをつく時に目をそらしますよね?? 相手の心理的には、「なんだか話しにくいなー」と思われてしまいます。逆に、見つめ過ぎるのもちょっと怖いので適度に視線を外しながら会話をしましょう。

リアクションがない

リアクションがないと「ちゃんと話し聞いてるのかな??」と思われます。相手も話す気がなくなり、軽くでもいいのでリアクションはしましょう。芸人の出川さんをご参考にw あれはやりすぎかw 人によっては「リアクションがかっこ悪い」「俺はクールだからw」という理由で自分自身でブレーキをかけてる人もいるみたいです。

会話を広げる気がない

相手が話題を振ってくれても、「そーなんですね・・・」みたいな返答ばかりだと話しが続きません。疑問形で返せば相手も話してくれるので、話しが広がる可能性は大幅にアップします。

会話が弾むようにするには?

rawpixel / Pixabay

会話が続かないのは、話題がないからですよね??ただ話題があっても広がらなく、すぐ途切れる事もあると思います。ちょっとしたことで変わるかもしれません。

ネタを用意しとく

天気・季節の話

若い人はあまりしないと思いますが、男女問わず年齢も幅広く使えるネタです。「今日は暑いですねー」みたいな、ちょっとつまらない話しですが、そこから派生して面白くなることもあります。

出身地の話し

テッパンの話題ですね。困ったら一番頼りになる話題かもw 出身地が同じなら盛り上がること間違いないです。話題も広げやすいです。

趣味の話し

趣味が同じなら盛り上がります。がしかし全く興味がない趣味だとすれば・・・ちょっときついですよね。その場合は相手に合わせて会話をしましょう。例えば相手が「ゴルフが趣味です」っと言ったとします。自分は実際興味がないですが「最近ゴルフを始めようと思ってまして、道具は何をそろえればいいですか??」みたいな感じで返答すれば、相手は嬉しそうに応えてくれるはずです。これは、いいウソですよね??w いやテクニックと言いましょうw

話題のニュースの話し

朝見たニュースでもいいです。話題のニュースなら知ってる事が多いので、ネタになりますよね。「知らない」って言われたら・・・・頑張ってくださいw

考えると結構出てきますよね??上記はほんの一部ですので、その都度話題が見つかったらスマホにメモをする癖をつけるといいかもしれませんね。いざとなったら、スマホを見れば役に立ちます。

お互いの共通点を見つける

共通のことがあればあるほど、話す内容が多くなりますので共通点を見つけてください。上記の内容でもいいですが、他にもたくさんあります。って言われても・・・・・大丈夫です!!例えば相手の趣味がランニングで、自分はサッカーだとします。「共通点じゃなくね??」と思うかもしれませんが、もっと大きな枠で見ればスポーツが好き・体を動かすことが好きって事になりますよね。これで立派な共通点です!!そのように考えれば、話題も増えるのではないでしょうか??

まとめ

人対人なので相手によっては緊張もしますし、話しづらいこともあると思いますが。そこは、場数を踏むしかありません。「同じ人間なんだ」「練習のつもりで」「死ぬわけじゃない」「嫌われてもいいや」と自分に言い聞かせて行動してみてはいかがでしょうか??多少なりとも突破口にはなるかもしれません。僕も口下手なんでがんばります。みなさんもがんばりましょう!!

今日はこのへんでー
さいならー


雑学・豆知識ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!! 訪問ありがとうございます!! 福島県出身で今は(茨城県) 29歳の男、特技はスキー(もともとは競技をやってました) 仕事はごくごく普通のサラリーマンです。 毎日仕事と家の繰り返しの日常に少し刺激??が欲しくて趣味でブログを始めました。日常生活で悩みや役立つ情報などをブログを通じて、配信していきますので、読んでくれたらうれしいです。