カミソリ負けする原因は??カミソリとシェーバーの特徴とメリット・デメリット

こんにちは、あっきーです!!

突然ですが・・

みなさん髭剃りってなにでやってますか??

Pixel_perfect / Pixabay

カミソリ??シェーバー??両方??

僕はカミソリを使いたいんですが、カミソリを使うと肌がヒリヒリして、赤くなったり吹き出物ができたり、時には流血も・・・時間がある時だけ慎重に剃るようにしてますw
剃り方がへたくそなんですかね??w

だから、朝は大体シェーバーをつかって剃ってます。

女性は毎日メイクをしてますが、男性は髭剃りが身だしなみ一つになっています。

毎日やることなので、簡単に綺麗に剃れたら理想的ですね!!

そこで今回は僕なりにサクッとカミソリとシェーバーの違いについて簡単に紹介します!!

カミソリとシェーバーの違い

カミソリ

カミソリは身近なもので、スーパー・ドラッグストア・ホームセンター・コンビニ等に行けば必ず売っています。価格も手頃で使用してる方も多いと思います。基本的には刃の枚数は2枚~5枚で刃の枚数が多いほど肌にやさしいとされています。

メリット

・刃が直接肌に触れるため、深剃りができ綺麗に剃ることができる。
・値段が安い(刃の枚数による)

デメリット

・肌を痛めやすい
・事前に蒸しタオルなどで髭をやわらかくしないといけない
・シェービング剤を使う
・替刃が意外と高い
・肌が痛む・カミソリ負けする
・保湿を入念にしないといけない

使用してみて

洗顔をしてシェービング剤を塗る手間がめんどくさい。僕は最近はジレットを使っていますが深剃りしすぎてカミソリ負けをする。特にアゴ下と鼻下がいつも真っ赤になります。シックに変えようか考え中w
カミソリ負けするので、5枚刃にしたのですが変わらずに痛い・・・そしてなにより替刃が高い・・・

シェーバー

外刃と内刃があり、外刃を肌にあて間から入ってきた髭を内刃でカットする。こんなイメージです。

メリット

・直接肌に刃が触れないため、肌を痛めにくい
・シェービング剤を必要としない
・水を使用しなくていいのでどこでも剃れる
・刃の寿命が長い

デメリット

・カミソリほど深剃りできないため、髭が濃い人だと夕方には生えてくる
・充電を忘れると剃れない
・細かい場所は剃りにくい
・本体が高い
・手入れをしないと、おっさん臭くなる
・水に弱い機種もある
・剃り残しがある

使用してみて

2年前くらいは安いシェーバーを使っていたが、肌がヒリヒリしたため、ブラウンの最上位モデルを購入。値段が高いだけあって、肌の負担も少ない感じがするが、まだ若干ヒリヒリする・・・肌弱すぎw
カミソリに比べると、深剃りができないため、何度も同じところを剃ってしまい結果肌を痛める。使い方を間違えなければ簡単で使いやすい。充電もかなりもちがよく。ブラウンの自動洗浄はおっさん臭くならないのがいい!!

まとめ

僕は両方使用していて、朝時間があるときやヒゲを整える時はカミソリを使用してます。時間がない時はシェーバーで一気に剃ってしまいます。シェーバーだと剃り残しが出てしまうのがネック。カミソリは替刃が高いので、シェーバーの方が元を取れる気がします。両方使用するとカミソリもシェーバーも長持ちするので両方がオススメです!!

今日はこのへんでー
さいならー


ボディケアランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!! 訪問ありがとうございます!! 福島県出身で今は(茨城県) 29歳の男、特技はスキー(もともとは競技をやってました) 仕事はごくごく普通のサラリーマンです。 毎日仕事と家の繰り返しの日常に少し刺激??が欲しくて趣味でブログを始めました。日常生活で悩みや役立つ情報などをブログを通じて、配信していきますので、読んでくれたらうれしいです。