出産記録~嫁のリアル体験談~

こんにちは、

あっきーです!!

今回は出産日記ということで、陣痛から赤ちゃんが生まれるまでの嫁のエピソードとリアル体験談を赤裸々に書いていきます。

初めての出産の方が少しでも参考になればと思います。

それではどうぞご覧ください。

ここからは嫁(奈々)が書きます↓↓

【破水】2019年4月18日(木) 23:30頃 

眠れなくてベッドから出てソファーでスマホを見てた。

一瞬お腹が痛くなり「パチン」という音が体の中から聞こえ、尿漏れかと思いトイレに向かい、拭いたが全く止まらない・・

「破水かも!?」と疑問を持ちつつ夫に言おうかと立ち上がると「ドバッッ」と大量に出てきた。

破水と確信した。

パニックになり慌てて夫に伝え、もう一度トイレに戻り座った。

痛みはないが、その間も水は出つづけて手の震えも出てきた・・・

バスタオルを挟みつつ病院に電話をした。番号は登録済みだったのになぜかネット検索をしていた。完全にパニック・・・・

実はこの時、予定日の一ヶ月前で早すぎる破水で頭が真っ白に・・・

ぱぱままプレ研修で20週頃には入院の準備をしていた方が良いと教わったので、入院支度はできていた。

準備をしていてよかった。

「大丈夫だよ」の夫の言葉がうれしく、泣きそうだった。

【前駆陣痛】2019年4月19日(金) 24:00頃

日立市~ひたちなか市の病院に車で向かう。(約40分くらいかかる)

車の振動がちょっと辛く、移動中にお腹が徐々に痛くなってきた。

病院に到着後すぐ先生に診てもらい

「朝9時に本格的な陣痛がきていたら自然分娩。陣痛がこないなら、感染症の恐れがあり、今日中に赤ちゃんを出したいから、促進剤を使いましょう。

と言われた。

病室を案内してもらい、朝を待った。

その間に5分おきに痛くなってきて。夫が腰をさすってくれたり、声をかけてくれた。

すごくたのもしかった。

テニスボールで腰を押すやり方は痛くて、ほぼ使わなかった。

押すよりさする方が私はよかった。

【仮眠】3:00~5:00頃

さすがに疲れてきたので、仮眠を取ることにした。

自宅から病院に着くまでに夫がつぶやいていたことを思い出した。

「俺も何か準備をしとけばよかった・・・。」と(着替えなど)

もし、次赤ちゃんができたら夫の着替え含めしっかり事前に準備をしとこうと思う。

そんな事を考えてると少し痛みが強くなり、あまり寝ることができなかった。

夫もあまり寝ることができなそうで、申し訳なかった。

起きている間は、陣痛の記録を取ってくれていて。夫なりに手助けをしたかったのだと思う。

感謝しかない。

【診察時間】8:00~10:00頃

8時になり朝食がでてきた、朝食中も容赦なく陣痛の痛みが襲ってきてあまり食べることができなかった。

「食べてる間くらい陣痛がおさまれば・・・・」と夫がつぶやいていた。

多分それは無理だと思うw

9時になり診察の時間だ。

陣痛は2分~5分おきにきていて安定はしていなかった。

この時、子宮口は3センチ、機械(陣痛の間隔と赤ちゃんの心拍をみるやつ)を装着し様子をみていたが、まだ本格的な陣痛はきていないみたい。

正直めっちゃ痛く子宮口が3センチはショックだった・・・・

昨夜にきいた説明をもう一度聞き、促進剤を打ち夕方頃に産まれるようにしようと話があった。

しかし、先生はなにか引っかかるようで、もう少し様子をみることに。

約1時間ちかく機械で様子をみていたが、まだ本陣痛はこず。

しかも、陣痛とともに赤ちゃんの心拍が下がってきていることが分かり、このまま本陣痛が来てしまうと赤ちゃんが苦しむと言われた。

促進剤を使うことはリスクが高まるとのことで、このまま下から出しても良いが、帝王切開の方が赤ちゃんを苦しまず産めるらしい。

帝王切開の説明してもらい、

「下から産むか、帝王切開か2人で決めてください。」と言われた。

「奈々ちゃん(私)が嫌ならお腹を切らずに産もう」と夫が言った。

私は以前に卵巣のう腫と言う病気でお腹を切っていたため、夫は心配をしてくれたのだと思う。

夫の優しさはありがたかったが、私は赤ちゃんを無事に産みたい気持ちと、陣痛の痛みを早くなんとかしたいという邪念もあり、帝王切開を決断した。

夫も承諾をしてくれた。

【恐怖と不安】10:30頃

帝王切開の意思を先生に伝えると、すぐに手術の準備が始まった。

「イタッ!?」

下の毛を剃るときに、カミソリで肌を切られ出血した。

もう少しやさしく剃ってほしかった・・・

手術室に歩いていき、髪を結び帽子をかぶり手術台に乗った。

その間も陣痛がきていてイライラしていたが、体を丸めて麻酔を背中に打つと、痛みが消えて少し落ち着いた。

卵巣のう腫の時は全身麻酔だったが、今回は下半身だけの麻酔で急に恐怖が襲ってきた。

顔とお腹に布を被せ、手術が始まった。

3分くらいで出てくるとのことで、緊張で心臓の音が聞えてきた。

「ドックン、ドックン、ドックン」

その間看護師さんがずっと手を握ってくれていたので心強く少し安心した。

【誕生】11:00頃

先生の「出るよ~」の言葉と同時に院長先生がお腹を押した瞬間、大きな声が聞こえてきた。

「立派な男の子だよ!!」と見せてもらうと、感動と言うよりも、肩の力が抜けてしまった。

赤ちゃんを少し綺麗にした後、一緒に写真をとってもらい。

余韻にひたる間もなく、「旦那さんにも会わせるね~」と連れていかれた。

赤ちゃんとの触れあう時間が短すぎw

その後、先生にお腹縫ってもらっている間「へその緒がね、短かったよー」と言われた。

36センチほどで、通常の半分の長さだったみたい。

先生も驚くほどで、自然分娩では出てこれないくらいの長さだったようです。

結果論ですが、自然分娩を選んでいても結局帝王切開になっていたので、私達の決断は正解でしたw

結果おーらい!!

手術終了後、夫が待っていて「お疲れさま、ありがとうね」と言ってくれ、赤ちゃんを産んだ実感が少し湧いた。

破水から出産まで約12時間の戦いが終わり、その12時間はものすごく長く感じた。

感じ方は人それぞれだと思いますが、とりあえず言えることは・・・・

しんどかった・・・・w

赤ちゃんの体重は予定より1ヶ月早く生まれたので、2316gと小さく生まれ、2400gになるまでは、保育器の中で生活となったが、とりあえず無事に生まれて良かった。

これからの成長が楽しみです♪♪

以上が私の体験談でした。閲覧ありがとうございました!!

まとめ

ここからは僕が書きます↓↓

いかがだったでしょうか??

男性ではわからない気持ちや、心境があったと思います。

女性は、男性が思ってる以上に緊張、恐怖、心配などいろんな感情がぶつかり合って精神的にも追いつめられます。

少しでも奥さんの気持ちを和らいであげましょう!!

今回、予定日より1ヶ月早い破水や帝王切開は予想外でしたが、出産は想定外のことが起こる前提で準備した方がいいかもしれません。

予想外の事がおきると焦ると思いますが、男性はあたふたせずしっかりサポートしてあげる!!

それだけでも、奥さんの負担は多少なりとも減るはずです。

僕も今回の経験を次回子供を授かったら生かします!(^^)!

今日はこのへんでー

さいならー

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

Follow me!

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!! 訪問ありがとうございます!! 福島県出身で今は(茨城県) 29歳の男、特技はスキー(もともとは競技をやってました) 仕事はごくごく普通のサラリーマンです。 毎日仕事と家の繰り返しの日常に少し刺激??が欲しくて趣味でブログを始めました。日常生活で悩みや役立つ情報などをブログを通じて、配信していきますので、読んでくれたらうれしいです。