【水なし洗車】スパシャンの実力は!?スーパードライの使い方

spashan

こんにちは、あっきーです!!

今回は、なかなか勇気がいる洗車方法を紹介しますw

僕も正直怖かったです・・・・

だって、水をほぼ使わず洗車ですよ!?

できるわけないですよね??

普通に考えたら、車が傷だらけになります。

だから、ほとんどの方は、きっと避けるはず・・・w

ただ、

自宅に水道がない。

家の近くに洗車場がない。

洗車機には入れたくない。

ガソリンスタンドの手洗い洗車は、値段が高い。

などなど思う方は結構多いのではないでしょうか??

特にマンションやアパートに住まれてる方は、一度は思ったことがあると思います。

僕もアパートに住んでますので、洗車をどこでやろうか考えますが、最終的に、洗車機に突っ込みますw

で、最近知ったのがスパシャンがだしてる「スーパードライ」っていう商品!!

あっ!!ビールじゃありませんよ( ;∀;)

なんとこの商品、公式サイトで水なし洗車ができますと謳っています。

実に怪しすぎる商品(‘ω’)

だけど有名なスパシャンから出てるからきっと大丈夫だろうと思い。

即購入!!

税込み3,990円+楽天で購入したので送料900円

合計4,890円!!高すぎw

値段が高い分効果を信じて、使用してみました。

まず準備するもの

スパシャン「スーパードライ」

水なしでどこでも洗車!!ちゃんと書いてある

パッケージは、カラフルでスパシャンらしいデザインです。箱を開けると液剤がビンに入っています。

んーー牛乳にしか見えないw

匂いは無臭w

霧吹き

なんでもオッケー

100均の霧吹きで十分です。

マイクロベロア×2

1枚は水分を拭き取りで使用、もう一枚は最後の拭き上げ用です。

こちらもスパシャンからだしてる商品になります。肌触りがよくマイクロファイバーより柔らかく車の拭き上げに最適!!

マイクロファイバーでも問題ないと思います。

水なし洗車といっても多少は使用します。

バケツ

折り畳みができるバケツ!!スペースを取らずに収納でき便利

マイクロベロアについた汚れをバケツで洗いながら使用するため。

使用するものは以上の物のみになります。

あとは、水道なしで洗車する勇気があればできます(^^)/

実際に使用してみた

「スーパードライ」は原液ではなく、水で20倍~30倍に希釈して使います。

僕はほぼ目分量ですw

霧吹きに「スパードライ」と「水」を混ぜて溶剤の完成!!

あとは、霧吹きをよく振り溶剤を混ぜて使用します。

洗車前の状態はこんな感じで、砂ぼこりがついてます。少しわかりずらいですが・・・

砂ぼこりが・・・

汚れているボディーに惜しみなくたっぷりかけます。

ボンネット半分だけスプレーしました。

15秒ほど待ったら汚れが浮いてきますので、固く絞ったマイクロベロアで優しく拭き取ります。

濡れたマイクロベロア

力を入れずに拭き取ることが、絶対条件!!

優しく拭き取った後は、乾いたマイクロベロアもしくは、マイクロファイバーで拭き上げて終了です。

乾いてるマイクロベロア
左半分だけスーパードライで洗車してみた。元から多少傷が入ってますが、新しい傷は入ってない感じ!(^^)!
右半分は洗ってません。左側のほうが輝いて見えます!!

スーパードライの中にコーティング剤は少量入ってますので、そのままでもオッケーですが、さらにボディーに艶をだしたい場合は、別途でスパシャンやカミカゼを施工するとピカピカになります( ;∀;)

もちろん他社のコーティング剤でもオッケー!!

まとめ

水道がないけど洗車をしたい方には、オススメの商品ですが、水が少量で洗車が怖い方は、やめておいたほうが無難かもしれません。

やはり、洗車はたっぷりの水を使ってやったほうが気兼ねなくできますし。汚れがひどい場合はスーパードライだけでは正直厳しいです。

あくまで簡単な汚れを落とす物だと思っていただいたほうがいいと思います。

結果、傷は入った感じはないので、僕はこれからも愛用していきます(^^♪

今日はこのへんでー

さいならー

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして!! 訪問ありがとうございます!! 福島県出身で今は(茨城県) 29歳の男、特技はスキー(もともとは競技をやってました) 仕事はごくごく普通のサラリーマンです。 毎日仕事と家の繰り返しの日常に少し刺激??が欲しくて趣味でブログを始めました。日常生活で悩みや役立つ情報などをブログを通じて、配信していきますので、読んでくれたらうれしいです。